導入事例:カーフコート

山口畜産 様(大分県・中津市)

「サイズ感・フィット感が良く、新しさと優しさを感じます」

九州で黒毛和種60頭を飼養し、年間90頭の仔牛生産を手掛ける山口博之代表は、フェイスブックで知ったカーフコートに、これまでにない新しさを感じて導入を決めた。「実際に仔牛に装着してみて、まず首部分のケアが良いと思いました。保温性の高さを感じ、当方ではこれまで必須だったネックウォーマーを使用せずに、この冬を乗り切ることができたんです。」
さらにサイズ感の良さにも感心させられたという。「胴長、胴回りともにゆったりとした作りで、Sサイズを長期間に渡って着用させられました。かと言って隙間ができたり、生地が余るという違和感もない。まさにベストなサイズ感とフィット感です!」
常に厳しい目で導入品を選定している山口代表のカーフコートへの信頼は高く、親しい同業者たちにも推薦。実際に導入に至ったケースも多い。
また、撥水加工もポイントの一つ。カーフコートに他の仔から糞を掛けられても、自然にポロポロと落ち、手入れも簡単だという。「撥水加工により、濡れない・ムレない・臭わない。大切な仔牛を寒さから守り、また清潔さで病気を引き起こす原因からも守ってくれる。これまでの『着せる』から『ケアする』に変化を感じた製品です。」